納車
〜結局ワシはピンクナンバーなのか?〜



購入動機など
1月にユメタマを衝動買いして、それまで乗っていたコマジェは下取りに出してしまった。ユメタマはユメタマで良かったのだけど、仕事が忙しくて乗るヒマがないとか、買い物に使うにはやっぱり不便だとか、イロイロな理由があって結局ユメタマは降りることにした。よーするにワシの使い方にフィットしなかったとゆーことなのだろ。で、買い物やちょっとした用事に使えてそこそこ走りそうなのとなると、やっぱり原付二種とゆークラスは良かったんだと思い直した。またコマジェに乗ることもちょっと考えたのだけど、それも面白くないし。
ちなみに他の車種はほとんど考えなかった。あえて言うとマジェスティ250も考えたのだけど、やっぱりどー考えても高速道路の利用頻度が少なさそうなことと、コマジェでもたまにすり抜けで不便な思いをしたのを思い出してコマジェよりも小柄なシグナスXに決定。

国内?台湾?
以前に乗っていたコマジェは赤ストロボと派手だったのだけど、今回は白が欲しかった。丁度乗換えを考えたときに国内版のSR仕様が発売されたのだけど、そーゆーワケでこっちには興味なかった。普通に買えば国内仕様になるのだけど、走りの部分であんまり評判良くないので後腐れの少なそうな台湾仕様を探すことに決めた。値段も国内仕様よか少し安かったし

あれ?
見た目は国内仕様 納車の前の日にバイク屋さんから電話がかかってきて「あのー、ウインカーがクリアじゃないんですけど」と言う。どっちでも良かったので「別にいいですよ」と言って取りに言ったらあれ?ウインカーだけじゃなくてエンブレムも国内仕様と同じ、立体のものが付いている。ヘッドライトも常時点灯。これホントに台湾仕様なのかなぁと思ったけど、フェンダーのシールが無いことやマニュアルが英語なこととか、どうやら 台湾から来たのには間違いないらしい。もしかして台湾の2005年仕様なのかも知れない。

あれれ?
じゃばらがない 写真とってて気付いたのだけど、フロントフォークのインナーチューブをカバーするジャバラが無くて、普通のダストシールになっている。やっぱ台湾仕様が少し変わったのかも知れない。

ファーストインプレッション
バイク屋さんからの帰り道、10kmくらい走ってみた感想。まず足つきが思ったほど良くなくて、172cmのワシでもかかとが浮く。大して重い車体ではないんでモンダイ無いけど、サスペンションの初期の沈み込みもあんまり無いこととあわせて、女性が乗ったらけっこーツンツンだと思う。発信加速は思ったほど良くない。でもノーマルのコマジェもこんなモンだったよーな気もしないでもない。エンジン音はコマジェの方が静かだった。これは水冷と空冷の差が大きいのだと思う。でも4サイクルの音は2サイクルに比べると低いので、気になるほどではない。ステップの狭さを気にする人がいるみたいなのだけど、ワシは気にならなかった。あれを狭いと言う人は、マジェ250のような足をいっぱいに伸ばした姿勢で乗ることを期待しているんじゃないんだろーか。車体のサイズが違うんだから、それは無理というもの。ちなみにタンデムステップ近辺に足を乗せると、ニーグリップならぬかかとグリップが出来る。コマジェはステップの形状的にコレが出来なくて、少しスピードが出た状態で曲がるときなんかにシートで体を支えるしかなかったので、これは嬉しい。
ワリと流れている幹線道路を走って帰ってきたのだけど、走り出してしまえば125ccなりには走る。4バルブエンジンなんだからもう少し元気があってもいいかなー、って気がしないでもない。サスペンションは想像よりもよく出来ていて、マンホールなんかを乗り越えたときの収まりは上々で、さしあたり何かする必要性は感じなかった。

ま、ぼちぼちと
全体的には設計がコマジェよか新しい分、よくまとまっていると思う。ちょっと気になったのは発信加速くらいで、これはまぁ多少調整すればいい。このページと同様に、また気になるところが出てきたら少しづつ手を加えて行こうと思う。あ、でも今回はTMRはやらないよ。



戻る