キタコガスショック取り付け
〜何はなくとも足回り〜



ハナシがちょっと違うけど
えぇ、足回り決めるときはタイヤからと言いました。ゴメンナサイ。でもヤフオクに 出てたんです。スイマセン。

それでもやっぱり逆説的に足回りはタイヤから決めるべきだ と思いました。はい。タイヤのフィーリングってやっぱり最も重要です。タイヤがしっかり決まってないとサスペンションがどーこーは語れません。今回サスペ ンション変えてみて改めて実感しました。シグぺけの純正タイヤ
は台湾(?)チェシン製のものが装着されているのだけど、やっぱこのタイヤ、絶対グリップが低すぎです。まぁ経済性は高いのかも知れないけれど、直進して いるときも何だかグリップ感がなくて、いい加減にゴロゴロ転がっている感じ。前に乗ってたコマジェに最初から着いてたタイヤはダンロップ製だったのだけ ど、アレに比べるとゴロゴロ感は若干低いかな。でもまぁ今回サスペンションをグレードアップしたら、途端にタイヤの動力性能の低さが顕著になったんで、そ う大した差はないのだと思う。

ヤフオクで買った中古品
けっこー高かった今回使ったのはヤ フオクで買った中古品。でも結構キレイだったんでまぁ良かろう。買ったのはコ コの520-4001020という品番のモノ。定価は5万もするのか。スプリングプレロードは無段階調整、伸び側減衰力調整は19段、5mm単位 の車高調整機能付きのモノ。どー考えてもオーバークォリティ(笑)。

セッティング
赤いダイヤルで調整前の持ち主のハナ シによると、固めとゆーコトだったんで、 スプリングプレロードは最弱、車高はノーマルと同一、減衰力も最弱で取りあえず組んだ。車高調整はノッチ式になってて、ヘンテコリンなサイズにはできない よーになってる親切設計。

フィーリング
ハナシの通りやっぱちょっと固い。跨がった状態、つまり 1Gがかかった状態だとノーマルよか沈み込みが少ないことからもそれが分かる。コレはまずスプリングレートがノーマルよか若干高めなのだと思う。だもんだ から走ると若干オーバーステア気味になる。でもワシ的にはシグぺけのサスペンションって元々フロントがリアと比べて相対的に固い気がしてたんで、この位で 丁度良いんじゃないかとゆー気がする。

見た目
いつものトコロ見た目はだいぢ (笑)。でもこんなの持ち主ぢゃないと分か らない。ま、自己満足。



戻る