コマジェ、ジャッキアップ
〜小ネタからアップグレード〜



意外と凝ってるアンダーカウル
コマジェのアンダーカウルの裏側、車体下面の部分を覗き込むと、黒い樹脂製のカバーで覆われている。昔の、ステップボードが1枚モノだった原チャリしか知らなかったヨシムラさんとしては、四輪並みに全部カバーされている事にちょっとオドロキだった。材質や作りは何てことないのだけど。昔の原チャリはビールのケースでもあれば、十分車体を支えておけるので、あんまり悩むことなかったんだけど、コマジェだとカバーを外してジャッキで支えるか、フロントタイヤで支持するスタンドを使うかすることになる。そのままビールケースに載せると、多分ツブレてしまう。差し当たりジャッキアップするよーな事をする予定も無かったんだけど、ある日洗車してたらアンダーカバーに切り欠きがある事を発見。ジャッキポイントに見えた。

よく見えない
場所が場所だけに、よく見えない。鏡で見ても暗くて分かり難い。ふと思いついて、目見当で写真を撮ってみた。切り欠きの奥にはプレスでリブを付けた鉄板が見える。鉄板はフレームに溶接されているよーだ。これなら全重量を支えておくのは無理として、センタースタンドと併用して「ちょっと支えておく」分には問題なかろう。ココにはまり込むゲタを作って、後は普通にジャッキで支えておけば、フロントタイヤを浮かせておくくらいの事は出来そーだ。

材料
本当に全重量を支えておくのなら、鉄のアングル等、それも厚みの十分なもので作る必要があるんだろーけど、今回のテーマは「ちょっと支えておく」だけなので、加工の簡単な木材で作ることにした。少しでも丈夫に作るのならば、栂(つが)あたりで作ればいーんだろーけど、こんなもんに凝るのもどーかと思ったので、近所の材木屋さんでおぢさんにゴミにする端材を貰ってきた。しかし、材木屋さんとか鉄工所とかのおぢさんって、どーしてあんなに眼光スルドイんだろう?

ノコギリと木ネジも持ってなかったので、100円ショップで買ってきた。100円のノコギリなんて切れるのか?と思ったけど、1回だけなら十分使えた。100円ショップには他に、ドリルの刃のセットとかレンチ、ドライバーといった工具も売ってた。どれでもそーだけど、ほんの数回間に合わせで使う分には十分だと思う。

設計
ってゆーか現物あわせで寸法測るだけ。歯のサイズとピッチはこの図の通りだと、ほとんどきっちり。ゲタの幅は140mm以上にすると、アンダーカバーの右側の、垂直に下がっている部分に干渉してしまうので、それ以下にする必要がある。歯の高さは14mm以下だと、多分届かない。あんまり高くても安定が悪そうなので、数mmの範囲で調整すれば良いんぢゃないかと思う。歯の固定は木ネジ。最終的には現物あわせで作れば良いし、それがベストだと思う。

完成
ビール飲みながら切ったからガタガタ(笑)。

使ってみる
車のパンタジャッキでゲタを挟んでジャッキアップ。あくまでもセンタースタンドで支えて、ゲタ+ジャッキはつっかえ棒とする。それでも3点または4点(リヤタイヤ)で支えてるので、結構安定してる。うまくバランスの取れる高さにすると、少々ゆすっても全然だいぢょーぶ。


戻る