フロントフォークセッティング変更
〜やった本人にもビミョー〜



気になり方もビミョーだけど
久しぶりにTMRぢゃ無いコンテンツ。TMRは部品が思うよーに揃わなくて停滞中なのと、タイヤとリアサスを変えてからびみょーに気になってたのとで、フロントフォークのセッティングを変えてみることにした。気になっていた事はイロイロあったのだけど、そのどれもが「ガマンしてもいーや」というレベルだったんで中々気が進まなかった。イロイロとゆーのは
  1. 強めに前ブレーキかけた時の、ピッチングスピード
  2. 極低速で感じる、フロントタイヤの切れ込み感
  3. スピード出てるときのフワフワ感
といったところ。ピッチングスピードは、タイヤやリアサス交換する前からそーだったのだろーけど、2と3はこの辺触ってから相対的に気になるよーになった。相対的ってのがミソで、そこだけ注目して見ると、そんな大騒ぎするほどのモンダイぢゃないと思う。

原因の予想1:ピッチングスピード
これはもぉバネレート以外の何者でも無いと思う。バイクや車のサスペンションにはショックアブソーバーが付いているので、イロイロ難しく考えてしまう向きがあるみたいだけど、物凄くシンプルには「沈む方はバネ、伸びる方はダンパー」で決まるし決める。ブレーキかけた時のピッチングスピードはダンパーでは?というハナシを聞くことがあるけど、そんな事はない。理由は端的に言うと、縮まったバネは伸びようとするけど縮もうとはしないので。バネを外してダンパーを伸ばしたり縮めたりすると分かるけど、圧側減衰力なんて、伸側に比べたらひじょーに小さい。また圧側が高いと乗り心地が悪くなる。四輪の場合は前後の動き(ピッチング)、左右に傾く動き(ローリング)、左右に旋回する動き(ヨーイング)の3軸の動きを考慮しないとならなくて、このうちローリングの速度を抑制するために圧側減衰力が発生するよーになってる。バイクの場合はバンクするので左右のサスペンションが反対方向に動く場合とゆーのはほぼ無視して、主にバンク中のピッチングやヨーイングについて考えれば良いと思う。但し、バイクのサスペンションでも圧側に減衰力が無いかとゆーとそーでも無くて、調整機構まで付いているモノもある。コレに付いてはよく知らないのだけど、恐らくバンク中のピッチングの抑制が主な目的なんぢゃないかと思う。反対にゆーと、バネの固さと圧側の減衰力ってその位かけ離れたモノとゆー事が出来ると思う。

原因の予想2:切れ込み感
コレはよく分からない。強いて言うとマジェ250のリアサスはコマジェよりも15mmくらい長いので、キャスター角が垂直に近づいたから?でもその程度の差で、そんなに変わるんだろーか?コレは予想の範囲を越えないので、試してみるしか無かろう。

原因の予想3:フワフワ感
コレはほぼ減衰力不足だと思う。予想の1ではバネレートに検討をつけたけど、こっちは伸側減衰力と見て良いと思う。

分かり易そーなトコからやってみよう
サスペンションセッティングとゆーのも、やり始めると何がいーんだか悪いんだか分からなくなるモノの典型(笑)。定量的に測定することが難しいからなのだけど。また、好みの個人差もかなりあるんで、「何がどーなってるのか?」をよく観察してそれを細かく分けて「○○の時の××を△△にしたい」とはっきりさせてからにする事と、1度に1つずつやってみるのが良いと思う。とは言えけっこー作業はメンドクサイんで、端折りたくなるけど、そーなるとドツボ。精神修養にはもってこいのテーマなのかも知れない。

フォークオイル交換
コレが1番他への影響が少ないかも知れない。但し油面を変えなければ。予想の1でバネレートのことを書いたけど、バイクのフロントフォークって構造的に空気バネ効果がある。これを積極的に変更しようとゆーのが油面調整。空気バネって金属バネと比べると、ある程度圧力がかかるまでスカスカでバネとしての効果がほとんど現れない、とゆー特徴がある。コレを実際の条件に当てはめて考えると、フロントフォークが縮んでいって、中間〜後半の部分に主に影響する(反対に最初の方への影響度は圧倒的に金属バネの方が大きい)。ブレーキかけてフォークが底付きしちゃうよーな場合は油面を高めに、反対にストロークを使い切れなくて制動距離 が長くなっちゃうよーな場合は低めにすれば良い。ピッチングがイヤだからって油面をやたらと上げてしまうのはマチガイで、よーするに底付きしないギリギリの範囲で動くよーにセッティングしてやるのが良い。 そんなに極端にピッチングする場合は、まず金属バネのレートが低すぎる事を疑うべき。

今回の目的に底付きの解消は含めていないので、油面は元通りにする事にした。と言ってもコマジェのフロントフォークの油面高さなんて知らないので、一度外して測定して、同じ高さに合わせた。ちなみにコマジェのフロントフォークの油面高さってネットで探すと何故か諸説ある(笑)。まぁ、ラインで作られているものなんで、多少の誤差はあるだろーし、どーせ左右で違いそーな気がしたし、何より台湾製だし(笑)。で、測ってみたら右が110mm、左が108mmだった。測り方はバネを抜いてインナーチューブを全部縮めておいて、端面からの深さで測った。+−5mm程度の差は分からないだろーと思い、ヨシムラさんの車両は110mmとゆーことに決めた。こんなのは何mmにするか?が重要なのでは無くて、まずどこに基準を決めたか?そこからどの程度変えたときに、良いフィーリングが得られたか?が重要。

抜いたフォークオイルはまだ赤みが残ってた。底のほうにたまってた黒っぽいのと混ざってマーブル模様になってる。潤滑油と違って作動油はそんなに汚れに神経質にならなくてもだいぢょーぶ。

使ったのはヤマハ純正。そもそもコマジェに最初から入ってるのがどれなんだかよく分からなかったので、取り合えず純正の1番固いの(#15)にしてみた。どっちにしろ入れてみてフィーリングを確かめないと分からないし、取りあえずの基準が無いと決められないし。

まずはフォークオイルだけの感想
60km/hくらい出てないとほとんど違いは分からなかった。それくらいまでになると、マンホールなんかを乗り越えたときの収まりが違う。ノーマルだと微妙に揺り戻しの出ていたところで1発で収まるよーになった。それ以下だと・・・ワカラナイ。

スプリングイニシャルロード
フォークオイルを交換した事で、多少フワフワ感が緩和された感じ。乗り心地への影響は無視できる程度だったので、今度はピッチングスピードを抑制することを考える。普通のロードバイクの場合、フォークキャップにアジャスターが付いててイニシャルロードを調整できるよーになってるのがある。流用できそーなの無いかとも思ったけど、コマジェの場合はラジエター前面、前タイヤの後ろ側のパネルが、フロントフォークの上部までを覆っているのであんまりココに高さのあるものは付かない。パネル切っちゃえば別だけど。で、前々から実験してみたかった、キャップとスプリングの間にワッシャーでも詰めたらどーなのよ?をやってみる事にした。

一応、ワッシャーは丈夫そーなヤツを
純正のフォークキャップは何てことない材質に亜鉛めっきか何かがされている程度の簡単なもの。外してみたらバネとの当たり面は、それなりに跡になってたのでそーゆーモノなのだろう。なのでステンレスのワッシャーを買ってきた。フォークキャップのネジ部の外径が約28mm、バネの外径が約27mm、内径が19mmだったので、てきとーなサイズのモノを探したら、M12用が外径26mmだった。鋼材のワッシャーが手に入ればそっちのほーが良さそうだけど、いきなり全部削れてしまうよーな事は無かろう。ワッシャーは厚さ2mmで4個入りだったので、3セット買ってきた。

3枚=6mm
全然分からねぇ(笑)。フォークキャップを取り付けるのに、ワッシャーなんてカマさなくてもある程度バネを押し込んで縮めながら取り付けることになるので、そこにワッシャーなんて入れた日にはけっこー大変。手がつりそうな目にあいながら取り付けても、走ってみると全然分からない。失敗か?

6枚=12mm
ヨシムラさんの力ではコレが限界(笑)。これ以上はフォークキャップの取り付け時に押し込めない。で、こっちはどーかとゆーと、3枚と比べると違いが出た。まず跨った時にハンドル位置が高くなった事が分かる。3枚のときも変わっていたのだろーけど、びみょー過ぎてワカラナイのだと思う。で、走ってみると前上がりになってキャスター角が増えたせいか、若干切れ込みが少なくなった。やる前は原因も効果もかなり疑問だったけど、結果的には多少効果があった。

一方、ブレーキかけたときのピッチングスピードはとゆーと、これは期待してた程の変化は無かった。今回はストロークの最初の方の、強めに前ブレーキをかけたときのコトンとフォークが沈む部分を、もー少し緩やかにしたかったのだけど、このセッティングでもまだ発生はしてる。ワッシャー入れた直後は「多少違うかなー」という感じはしたのだけど、少し走ると忘れてしまう程度の差だった。また、イニシャルロードを上げた事で、振動が増えるかと思ったけど、これもやっぱり「多少違うかなー」レベル。元々振動が気になる車両では無いので、そりゃー多少は増えたけど、2サイクルの原付なんかに比べたら全然カワイイ程度。

2勝1分くらい
一応、当初効果を期待していた3つのうち、2つは多少の変化があったので、星勘定は2勝1分くらい。でも作業がメンドクサイわりには、そんな劇的な効果は無かった。その中でも1番違いを感じたのは、車高の変化による(と思われる)極低速の切れ込み感の解消。これも完全に解消したワケではないけど、以前ほどのものでは無くなった。も少し前側の車高を上げてやれば良いのかも知れないけど、もぉこれ以上ワッシャー増やすのは、ヨシムラさんの手の力では無理そうなので、これ以上は別の方法で考えるほーが良さそう(セパハン付けるためとかチョッパーにするとかの理由で、フォークの延長用のゲタを売ってる車種もあるので、そーゆーモノを探してみると適当なモノがあるのかも知れない)。ワッシャーの耐久性はまだ不明。コレばっかりはしばらく走ってみない事にはワカラナイ。結果的には12mmものゲタをカマしている事になるのだけれど、リアでそれだけ変えた時の違いと比べて、思ったほど顕著な差は無かった。

この通り、サスペンションって「ちょっと変えた」つもりだったのに顕著に差が出てしまったり「かなり変えた」つもりだったのに全然違わなかったりとゆー事があって、この辺もハマる一因だと思う。こーゆー時は焦ってしまうともぉダメで、変わらないのなら変わらない事を、変わるのなら変わる事を、きちんと見極めるまで走ってみるしかない。また、最初にも書いたけど好みや感覚の個人差がかなりあるんでヨシムラさんが感じた事が、他の人にはさっぱりワカラナイかも知れないし、その反対かも知れない。一応、どーゆー場面ではどの辺をセッティングするか?とゆー事のポイントは書いたつもりなので、その辺りと自分がどう思うかとを照らし合わせてもらえれば良いと思う。


戻る