エンジンハンガー交換
〜SARS騒動のせいぢゃありません〜



2回続けてのカメファク
2回続けてカメレオンファクトリー の製品。コマジェのエンジンハンガーは、結構定番のカスタムパーツのようで、台湾製のモノが出回ってる。今回、カメファクのモノを選んだのは、別にSARS騒動でモノが来なかったワケでも何でも無くて、単にヤフオクで落札したらカメファク製だっただけ。しかも落札した時点ではカメファク製だなんて知らなくて、手元に来たらカメファクのロゴが入ってたんで、へーそーだったんだー、と初めて知った。大体、コレを落札したのって3月中旬で、手元に来てから2ヶ月くらい放ってあった。そもそも、その頃はまだSARSも言われてなかったし。

アルミ削り出しだった
素の状態 ヨシムラさんが見たことある台湾製のモノは、いずれも鋳造品だった。もしかするとそうぢゃ無いのもあるのかも知れないけど。で、カメファクのも手元に来るまではそーだと思ってたのだけど、何と完全に削り出しで作ってあった。同社のWebサイトに載ってる写真はブルーなのだけど、届いたモノは写真の通り着色されていなかった。この色のモノがカメファクのカタログモデルなのかどーかは知らない。

何色でもカンケー無かったんだけど
黒くした Noripapaさん が台湾製のモノを装着されていて、以前に見せてもらったコトがあったのだけど、この部品意外と目立つ。彼の車両は白なのと、何箇所かにメッキ部品を使っているので、目立ちはすれどそんなに違和感無かった。でもヨシムラさんの車両はメッキの部品はほとんど無いので、どっちにしろ黒っぽくしてしまうつもりでいた。以前にハンドルポストに黒アルマイト加工をしたときに、鋳造品は難しいと言われたので、今回アルミ削り出しのモノが入手できたのはラッキーだった。で、今回も同じよーに立川の 吉崎メッキ化工所 にオネガイして黒アルマイト加工をしてもらった。写真クリックで拡大。

作業の写真撮れなかったよ
この部品、車体には前側が左右を貫通するボルト1本で、後ろ側は片側3本のボルトで止まっているだけなので、単にネジを外して付けるとゆーハナシだけなら、何も悩むコトは無いと思う。でも、ココを外してしまうとゆーコトは、車体からエンジンを切り離すコト、センタースタンドもココに付いているので外してしまうコトから、車体をどーやって支えておくか?を考えないとならない。ヨシムラさんはパンタジャッキと油圧ジャッキの2つで、車体とエンジンを支えてやったけど、安定がかなり悪くて難儀した。ロープ等で車体を上から吊って行うヒトも居るらしくて、多分その方法のほーが安心だと思う。ひっくり返っちゃったり、ペタンと地面に着いてしまったりすると、一人ぢゃ絶対戻せないと思う。交換作業中は2つのジャッキを上げ下げしつつ、車体を片手で支えつつ、もう片方の手で部品を付けつつと、とても写真なんて撮れなかった。もし交換作業を自分で行おうと考えるのなら、設備や工具、手伝ってくれるヒトが揃っていない限り、止めたほーが良いと思う。コレを一人で交換できるヒトって多分、四輪のミッションを降ろすくらいのコトが出来るスキルがあると思う。

なんで終わった写真だけ
タイヘンだったよ・・・ だもんで終わった後の写真しかない。このとーり、純正と全然区別つかない(笑)。

感想
交換作業のタイヘンさはあるにしろ、走ったフィーリングはけっこー違った。直進しててもしゃきっとしたとゆーか、多少ゴツゴツするとゆーか、というカンジ(?)。ハンガーの剛性が上がる分、相対的にリアサスがよく動くよーになるみたいなのだけど、純正ハンガーと比較すると、乗り心地の悪化は確実にある。とは言え、これは程度のモンダイで、リアサスのイニシャルレートを1段下げたら気にならなくなった。

曲がったカンジはとゆーと(ヨシムラさんの車両は既に、足回りもイロイロ変えてしまっているので、ココだけ変えた場合とはまた違うのだろうけど)、以前から気になっていた「極低速時の、ハンドルの必要以上の切れ込み感」が大分減った。ってゆーか今なら文句ない。 フロントサスのセッティングを変えた時 よか効果があった。

もう少し速度を上げて曲がるときは、リアサスのイニシャルレートを下げたので、それまでよかほんの少しリア下がりになったコトと、リアサスがよく動くよーになったので、相対的にリアのグリップが向上したコトの2つで、今までよか若干アンダーステアになった。ただコレも慣れてしまう範囲だと思う。また、左右に早めに切り返す操作をするよーな場合はかなり違って、ヘンな反応の遅れや揺り戻しが無く、イイ感じ。

全体的には、普段からリアサスのイニシャルレートを最弱にしているヒトだと、ちょっと固く感じるかも知れない。そーで無いヒトだと、ハンガー交換後、イニシャルレートを1段下げてやるコトで、良いフィーリングが得られると思う。また、タンデムなんかすると違いが出るんぢゃないかと思う。でも交換はタイヘン。途中でも書いたけど、設備や工具、手伝ってくれるヒト、スキルのどれか1つでも自信が無ければ、ショップにオネガイしたほーが良いと思う。いくらスクーターとは言え、120kgは重たいぞぉ。



戻る